宝くじは税金がかかりません

収入に対して税金が発生する事は当たり前の事なのですが、宝くじに関しては無課税で当選金を手にする事が出来ます。
だから、例えば1等を当てて何億というお金を手にした場合、それに税金が発生して減額されてしまうという心配は有りません。
(その為、一時所得として確定申告する必要も全くないのです)だから、そのお金を使って何をしようか、何を買おうかなんて夢をはせてみるのも良いでしょう。
ただ、本人のお金とする場合は無課税なのですが、誰かにあげる場合は贈与税がかかる事があるので注意しましょう。
その金額は年額で110万円以上となる場合です。
この場合、渡す金額によって税金が発生してしまうので、注意が必要です。
もし自分以外にお金を渡したいと思うのであれば、1年間に渡す金額は少な目に抑えて、分割で渡す等をする方が良いでしょう。
そうすれば税金の事を気にする必要はなくなります。
宝くじは1枚でも高額当選の可能性がある夢のくじです。
年間に何度も発売しているので、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

楽しみができる宝くじの買い方

一度に大量に買うよりも、定期的に少し買うぐらいのほうが宝くじは楽しめるものです。
もちろん、大量に買うことが悪いことではありませんが、長続きしないものです。
一度に大量に買うと確かに当たる可能性は高くなりますが、外れた時のショックが大きく、多く買うことが日常的になってしまうと、それが当たり前になってしまいより多くのお金を失ってしまい楽しめなくなるものです。
宝くじは当てようとしても、当たるものではありません。
長い期間をかけてやったほうが、当たりやすくなるものです。
当たった人の多くが、一度に大量に購入するよりも、定期的に少しだけ買うという買い方をしています。
少しだけ買えば、外れたとしてもまた買ってみようと考えやすくなります。
金銭的に余裕がでたとしても、一定の枚数を買うことを心がけたほうがいいです。
当たる時は当たりますし、外れる時は外れるものです。
宝くじは当たるかもしれないということを楽しむものです。
確かに一気にお金が増える方法ではありますが、あまり期待しすぎるものではありません。
買い物のついでや気分転換など、ちょっとした時に購入して忘れてしまうくらいがいいです。
当選日になって、慌てて探すくらいがちょうどいいものです。
ただし、外れていると思いこんではいけません。
現在でも当たっていることに気づかずに換金していない人がいますので、今から部屋の中を探してみると、もしかすると当たっているものが見つかる可能性があります。

recommend

岐阜の相続問題なら

カード現金化のことなら(大阪)

プリザーブドフラワー

2016/10/11 更新

宝くじ

Copyright © 一攫千金を狙おう! All Rights Reserved.